夜にネット回線に不具合が出るのは困るなぁ

昨日の夜、ネットをしていたところ、回線の方が不通になりまして、
あ~でもないこ~でもないとモデムの電源を落としたりゴソゴソしたら、
一応は復旧しました。

どこに原因があるのか分からないのが、
例によってモヤモヤするところです。


最近は電話の音量が小さかったり、通話中にノイズが入ることがあるので
電話関連に不具合が生じているのかもしれません。
ケーブルの抜き差しで解決する問題だけだったらいいのだけど。

とりあえず、パソコン周りの配線を整理して、
LANケーブルも一度新調してみたくなりました。
なぜなら、昔ネズミにケーブルを1ヶ所かじられており、
応急処置でテープを巻いている状態なので。

床もホコリが溜まり出しているので、ボチボチ掃除して
家事の原因にならないようにしたいものです。





スポンサーリンク



    

ネギの根っこ 成長記録10日目

1日飛ばして、10日目のネギの根っこの成長記録です。

まずは水で育てている方のネギですが、
これが1日目に植えたネギの様子↓

3月19日 ネギ


そして、10日目のネギがこちら↓

3月28日 ネギ2

ここへ来て、特に3本のネギがググンと成長していました。
それ以外のネギは古くなってダメそうなので、
元気な分だけ残すつもりです。


土に植えたネギはこんな具合になりました。

3月28日 ネギ1

3本とも順調に育っている感じでした。
庭に植えたネギはというと、これが全然成長していない状態でした。
なので、写真は省略。

前と同じ場所に植えたのだけど、ネギ自体が悪かったのか、
日照の条件が関係しているのかもしれません。





スポンサーリンク



    

『キングコング:髑髏島の巨神』 春の怪獣映画祭り!

キングコング 髑髏島の巨神 (竹書房文庫)
キングコング 髑髏島の巨神 (竹書房文庫)

『キングコング:髑髏島の巨神』 原題:KONG: SKULL ISLAND

監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン ほか


ベトナム戦争が終結間際の1970年代初め。南太平洋のとある島が発見される。
島に上陸した調査隊と護衛の米軍兵士の面々は、そこで大昔から生息している
巨大生物キングコングに遭遇し、乗ってきたヘリをすべて破壊されてしまう。









●映画館の様子


家を出る直後の交通情報を見たら、JRの電車に遅れが生じていることを知りましたが、
ここで諦めると、観る機会を失ってしまうことから一か八かで出発しました。

結果、思っていたほど電車の遅れに影響されずに
映画館に着くことができました。

平日にも関わらず、映画館は混んでおり
チケットカウンターと売店は共に列ができていた状態でした。
春休みが関係しているとか?

観たのは2D字幕版。
3Dの字幕版だったら、近場の映画館でも観れましたが
3D映像は最初こそ立体感を感じるのですが、後半になると慣れてしまうせいか、
なるべく2Dで観たい派です。



●映画の感想


キングコングやゴジラなどの怪獣が大好きな映画監督に大金をポンッと気前よく渡して
映画を作らせたら、その趣味を遺憾なく発揮させたのが、ずばり本作です。
なおかつ長いエンドロールの後、過剰な接待でさらにお客さんを楽しませる、
商売上手な映画でもあります。

もっと情報をシャットアウトしていれば、さらに興奮度が上がっていたであろうと思われる
本編後のオマケ、というか壮大な宣伝。

日本では『シン・ゴジラ』、さらにアニメ版のゴジラ映画が作られ、
ハリウッドでは新しいゴジラ、そして本作のキングコングと、
それに続くゴジラとコングの映画の続編の公開が予定されています。
日米で怪獣映画が作られる素敵な時代になったものです。


2014年の『GODZILLA ゴジラ』では、肝心のゴジラの全景が映し出されるのが
中盤になってからでしたが、本作は「観たいのはこれでしょ!」と言わんばかりに
ドカーンっと早い段階でコングが登場して、期待に応えてくれました。

その後も島に生息している巨大生物を出し惜しみなく見せてくれるし、
アイディアを生かしたコングと怪獣との戦いが白熱していました。
コングの立ち振る舞いや去っていく背中が逞しいこと!

太陽をバックに、ズンと立っているコングのシルエットが決まっているし、
モンスターに食われている人物と自然風景が合わさったショットにおいては、
残酷と自然の美しさにビジュアルショックを受けました。


「この島で、人類は最弱!」というキャッチコピーどおりに
登場キャラが虫けらのようにバンバン死んでいくモンスター映画のセオリーに乗っ取っており、
『ザ・グリード』や『プレデター』が好きな人は気に入るはず。

怪獣要素以外にも、1970年代の雰囲気や『地獄の黙示録』テイストの映像がノスタルジーを誘い、
登場人物が持つ小道具から、その人の過去や背景が浮かび上がってくる演出であるとか、
タンクトップ姿のヒロインが活躍するシーンに好印象を持ちました。

2020年公開予定のコング映画が待ち遠しいなぁ。


・映画『キングコング:髑髏島の巨神』公式サイト


●映画メモ


・『キングコング:髑髏島の巨神』の登場銃器一覧(海外サイト)

・人の土地に爆弾を落としたらアカンよ教訓映画

・死亡フラグあり

・巨大バッファローの目の周りに虫がたかっている芸の細かさ

・日本語字幕 アンゼたかし









スポンサーリンク



    

ネギの根っこ 成長記録8日目


昨日も一応、写真を撮ったのですが
あまり変化がなかったので記録を省略しました。

土に植えた方のネギは、さらに伸びてきた感じがします。
もう1本のネギも、わずかながらも徐々に伸びてきた。

3月26日 ネギ1



水で育てている方のネギも、3本ほど元気に成長を続けていました。
他のネギは、まだ変化が見られず、根っこ自体が弱っているのかもしれません。
そろそろ元気なネギだけを残して育てる時期かも。

3月26日 ネギ2




スポンサーリンク



    

近場で観れないのが残念

3月25日から公開が始まる映画『キングコング:髑髏島の巨神』の字幕版の
上映スケジュールを調べてみたら、吹替版よりも上映回数が少ないことが分かりました。
なんとなく予感はしていたけど・・・。

一番観に行きやすい時間帯で上映している映画館まで
少しばかり遠出しないといけない状況になりました。


今の気持ちを絵で表すならば、
階段の踊り場からセガールがぬう~っと現れて、
愛用のコルト・ガバメントをワンマガジン分一気に速射しているような感じです。

セガール 切り絵





・『キングコング:髑髏島の巨神』公式サイト

・『キングコング:髑髏島の巨神』上映劇場一覧






スポンサーリンク





    
   

ブログ画像RSS

【広告PR】