映画関連の話の記事 (1/70)

俳優のロジャー・ムーア死去

007/ロジャー・ムーア ブルーレイコレクション(7枚組) [Blu-ray]

昨日の夜、ツイッター経由で俳優のロジャー・ムーアの死去を知りました。
5月23日スイスで亡くなりました。89歳でした。

やっぱり、ロジャー・ムーアといえば、
3代目ジェームズ・ボンド役が印象深く、シリーズでは通算7回ボンド役を演じています。

ムーア・ボンド作品ではどれが一番好きかといわれれば、
なかなか決めるのが難しいのだけども、強いて選ぶなら、
『ユア・アイズ・オンリー』が好きです。

カーチェイスの最中、
敵に対して笑顔で軽く会釈する余裕が素晴らしく、
なんともチャーミングなボンド像を確立していました。


インターネットの発達によって、俳優さんや有名な方の訃報が瞬く間に伝達される昨今。
ついこの前は、同じくボンド映画『カジノ・ロワイヤル』の主題歌を担当した
歌手のクリス・コーネルが52歳で亡くなった。


人の生き死に、ばかりはどうにもならないことがあるけど、
それでも寂しいものです。

改めて合掌。







スポンサーリンク



    

アクション俳優イコ・ウワイスのインスタグラムにセガールが登場!

アクション映画『ザ・レイド』でおなじみのインドネシアの俳優イコ・ウワイスの
公式インスタグラムにスティーヴン・セガールとのツーショット写真が載っていました。

イコ・ウワイスのインスタグラム

ということは、セガールは今インドネシアにいる?
あいかわらず、セガールは黒色の中華風の服を着ています。
映画『沈黙の帝王』の時と変わらない衣装~。

沈黙の帝王 感想



別の写真ではアクション俳優のスコット・アドキンスとウワイスの肩に
大きな手をのせて、「この2人、ワシのダチやで」感を醸し出していました。

イコ・ウワイスとスコット・アドキンスは新作映画の撮影で共演していますが、
セガールはふらっと見学しにきただけなのか?
この前は来日して、お花見していたそうです。

仮にセガールの映画にウワイスが出たら、味方キャラとして
セガールが出ていない場面を埋めてくれそうな気配がします。







スポンサーリンク



    

4月28日公開の映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のTVスポット!ステイサムと〇〇〇が共演!

映画 ワイルド スピード ICE BREAK 2017 ポスター 42x30cm The Fate of the Furious ドミニク ドム ビン ディーゼル ヴィン ディーゼル ドウェイン ジョンソン ジェイソン ステイサム


4月28日から公開される映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』の
海外版TVスポットが公開されました。

ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウのアクションシーンに
注目した内容だったのですが、映像上にちょっと意外なものが登場し、
さらにステイサム無双も写っていたものだから、
劇場初鑑賞の際の新鮮味が減ってしまったなぁ~と嬉し悲しい気持ちになりました。

本編の上映時間は2時間16分の予定だそうです。
前の情報で2時間半越えというのは違うかったみたい。



なので、(続きを読む)状態で、TVスポットの動画を貼っておきます。
ネタバレでもいい人はどうぞ。(投げやり)
    
[ 続きを読む » ]

4月28日公開の映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』の動画クリップ ステイサム無双



4月28日に公開日を迎える映画『ワイルド・スピード』シリーズ最新作、
『ワイルド・スピード ICE BREAK』の動画クリップが公開されていました。

動画の内容は、前作で厳重な刑務所に収監されたデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と
ホブス捜査官(ドウェイン・ジョンソン)によるアクションシーンでした。

刑務所でじっとしているわけではなく案の定、僅かな隙をついて、
部屋をするりと抜け出し、刑務官を瞬く間に倒してしまうステイサムなのでした。
そこそこ高い場所から飛び込んで、転がりながらきれいに着地しているのがさすが。


シリーズを追うごとにアクションが過剰になっていく傾向が見受けられるけど、
過剰すぎて観ている側の頭が麻痺しないか心配です。
前作と同じぐらいの過激さとステイサムアクションがあれば満足です!




映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』公式サイト





スポンサーリンク



    

GYAO!で映画『沈黙の脱獄』、『沈黙の傭兵』が期間限定配信中~(2017年3月)

GYAO!のページを見てみたら、セガール映画2作品が期間限定で配信されていました。


・『沈黙の監獄』 (配信期間:2017年3月11日~3月24日)

・『沈黙の傭兵』 (配信期間:2017年3月18日~3月31日)



GYAO!の映画のページ内のアクション・SFのジャンルで配信されていました。
無料ではあるけれど、再生の途中でCMが数回入ってしまうので
その辺は、じれったさがあります。




『沈黙の脱獄』はセガールとプロデューサーの間でトラブルが起こり、
映画自体がメチャクチャになったことで有名。
また、若き日(今も十分若いけど)のクロエ・グレース・モレッツがチョイ役で出演していたりする。




もう1本の『沈黙の傭兵』は、のちに『キリング・サラザール 沈黙の作戦』にも出演することになる
ルーク・ゴスが悪徳CIAの役で出ています。
セガールのパンチが敵に当たっていないのに、「当たった音」がする疑惑の映画でもあります。
興味のある場合は、映画中盤のトイレの格闘シーンでご確認ください。


・Amazonビデオ



関連記事


・スティーヴン・セガール誕生日記念「あえてオススメしないセガール映画」を3本ピックアップしてみた

・2016年度のセガール映画の個人的ベストを発表!





スポンサーリンク



    
   

ブログ画像RSS

【広告PR】