気になる新作映画の予告編の記事 (1/41)

映画「山猫は眠らない」シリーズ第7弾『Sniper: Ultimate Kill』の予告編が公開!



ソニー・ピクチャーズ・エンターティメントの公式チャンネルにて、
映画『山猫は眠らない』シリーズ第7作目『Sniper: Ultimate Kill』(英語原題)の
予告編が初披露されました。

アメリカでは10月3日にブルーレイ及びデジタル配信が販売開始予定です。
監督を務めるのはシリーズ4作目『山猫は眠らない4 復活の銃弾』を手掛けた
クラウディオ・ファエです。


クラウディオ・ファエ監督の戦争アクション、
『ビヨンド・ワルキューレ カリーニングラードの戦い』の感想はこちら↓
『ビヨンド・ワルキューレ カリーニングラードの戦い』の感想



前作に引き続き、ブランドン・ベケット役にチャド・マイケル・コリンズ、
リチャード・ミラー役にビリー・ゼインが続投し、
ブランドンの父親であるトーマス・ベケット役にトム・ベレンジャーがキャストに加わっています。
トム・ベレンジャーは白い髭を生やしたせいか、おじいちゃん感が増しちゃったけど、
本編中で狙撃シーンはあるんだろうか?


本作で7作目を数え、息の長いシリーズになりました。
それだけ需要があるということか。

1作目から3作目まではトーマス・ベケットが主役で、
4作目から息子のブランドンにバトンタッチし、
シリーズを重ねるにつれて、スナイパーとしての技量が上がってきた感じ。


7作目のストーリーは、南米コロンビアの麻薬密輸の中心的人物のモラレスが
アメリカ合衆国への密輸ルートを確保。事態を重く見たDEA(麻薬取締局)は、
海兵隊所属のブランドン・ベケットとエージェントのケイト・エストラダをコロンビアに派遣し、
モラレスを逮捕しようとするが、「悪魔」というあだ名を持つスナイパーがブランドン達の前に
立ちはだかるというもの。


一応、ロケ地はコロンビアのボコタとなっていました。

前作『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』の日本リリース日は11月だったから、
今回の映画もそれぐらいの時期にソフトないしデジタル配信が開始されそうな気がします。

(追記)
●スナイパー映画『山猫は眠らない7 狙撃手の血統』のDVDが12月6日に発売!





●映画『山猫は眠らない4 復活の銃弾』の感想

●映画『山猫は眠らない5 反逆の銃痕』の感想

●映画『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』の感想

スポンサーリンク



    

イコ・ウワイス、スコット・アドキンスなどのアクション俳優が大集合!映画『TRIPLE THREAT』の予告編が初公開!

TRIPLE THREAT


イコ・ウワイス、トニー・ジャー、ジージャー・ヤーニン、スコット・アドキンス、
マイケル・J・ホワイトなどのアクション俳優陣が大集合しているアクション映画
『TRIPLE THREAT』(英語原題)の予告編が初披露されました。    
[ 続きを読む » ]

ジャッキー・チェン、ピアース・ブロスナン共演の復讐アクション映画 『The Foreigner』の予告編が公開



ジャッキー・チェン、ピアース・ブロスナン共演のアクション・スリラー映画
『The Foreigner』(英語原題)の予告編が初披露されました。

監督は『007/ゴールデンアイ』でピアース・ブロスナンと一緒に
仕事をしたことがあるマーティン・キャンベルです。
007シリーズに関わった俳優さんにしろ、スタッフの人にしろ、
別の映画で再タッグを組む機会が多いように見える。



映画の内容は爆弾テロで娘を失ったジャッキー・チェン演じる父親が
テロ事件の背後に大物政治家ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の存在を知り、
あらゆる手を駆使して、娘の復讐を果たそうとするストーリー。


予告でもちらっと映っているけど、主人公(ジャッキー)の過去の経歴は
どうやら軍の特殊部隊出身だったようで、特殊な技能の持ち主であることが明かされます。
いわゆる「なめてた相手は殺人マシーンでした」系の映画!

いつものジャッキースマイルを訪印し、
「死んだ目をした」シリアスなジャッキー・チェンの姿が印象的です。
過去にも『新宿インシデント』とかシリアスな作品に出演しているけど、
今回の映画は一段と殺伐とした雰囲気が漂っています。

すでに還暦を超えているけど、
予告を見た感じではアクションシーンをバリバリこなしている様子。

全米公開日は10月13日。



映画 『The Foreigner』の予告を見た人のリアクション集




(映画の原作)




スポンサーリンク



    

アクション映画『The Hitman's Bodyguard』の予告編第2弾が公開!あっ厨房!



ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン共演、パトリック・ヒューズ監督の
アクション・コメディ映画『The Hitman's Bodyguard』の予告編第2弾が公開されました。
実は別バージョンの予告もあるので、順番的には3番目だったりする。

(最初の予告編はこちら↓)
ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン共演の
アクション・コメディ映画『The Hitman's Bodyguard』の予告編!



今回の予告では悪役のゲイリー・オールドマンと、サルマ・ハエックの姿が
初めてお披露目され、ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンのコンビが
繰り広げる破壊と混乱の様子が垣間見れる内容になっていました。

サミュエル・L・ジャクソン、もう70手前のお歳頃だけど、
映画の中だとマイナス10歳は若く見えるハリウッド・マジック!


レイノルズが厨房らしき場所で敵と戦うシーンがちらっと映り、
「厨房で戦うシーンがある映画は面白い」持論派としては、
映画に対する期待値がさらに上がる形となりました。

・映画『スリープレス・ナイト』の感想‐厨房で戦う映画はオモロイ!‐


全米公開日は8月18日。





スポンサーリンク



    

スティーブン・キング原作のファンタジーアクション映画『ダーク・タワー』の予告編!



先日、スティーブン・キングの小説を映画化したファンタジーアクション映画
『The Dark Tower』(英語原題)の予告編が初公開されました。
ガンスリンガーのローランド役にイドリス・エルバ、
悪役の「黒衣の男」にマシュー・マコノヒーが扮しています。
監督はデンマーク映画『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』を手掛けたニコライ・アーセル。

全米公開日は8月4日。
日本公開日は現在未定。あ~。。。
海を隔てた台湾ですら、8月公開だというのに・・・・。


予告編でローランドがレミントンのリボルバーっぽい拳銃に
尋常じゃない速さで弾を込めたり、上から落ちてきたカートリッジをまとめて、
スムーズに弾倉を収めるシーンがボンクラ魂をくすぐります。

また、予告の前半で流れるのは、映画『夕陽のガンマン』の
有名なオルゴールの曲だったりします。


スティーブン・キングの小説は実はまだ1冊も読んだことがなくて、
映像化された『シャイニング』や『スタンド・バイ・ミー』、『ミスト』などは観たことがあります。
今回の『ダーク・タワー』の公開を機に原作本を読んでみようかと。


●小説『ダークタワー』特設サイト






スポンサーリンク



    
   

ブログ画像RSS

【広告PR】