海外ドラマ感想・情報の記事 (1/3)

Amazonビデオで『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』を観た!

ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン (仮題)

Amazonビデオで『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』を観ました。
8月19に配信が始まったばかりですが、エピソード1は無料で観れます。
今後の展開は人気次第で次回のエピソードが作られるようです。

30分のドラマなので、サクッと観れました。




ドラマの内容は、俳優ジャン=クロード・ヴァン・ダムは、
実はジョンソンというコードネームを持つ秘密工作員だった!というお話。

ヴァン・ダムの熱心なファンではないけれど、
作品はチラチラ見てますし、最近ではアクション以外にもコメディ映画に進出し
活動の場を広げています。


ドラマの方は、出だしから「ヴァン・ダムあるあるネタ」で笑かせてもらいました。
『その男ヴァン・ダム』の哀愁と、『サバイバル・ソルジャー』みたいな笑いがミックスされた感じで、
むろんヴァン・ダムお得意の股割りや回し蹴りアクションも披露しています。
ヴァン・ダムの蹴りを受けた敵キャラがくるくると回転しながら倒れていたのが芸が細かいなと思いました。

ドラマではヴァン・ダム作品の『キックボクサー』や『タイムコップ』が
セリフで言及され、それ以外の映画についても仄めかされていました。
ロン毛のシーンは、『ハード・ターゲット』らしかった。

かつての恋人の心を取り戻せるのかが気になるので
短くてもいいので、次回のエピソードを作ってほしいものです。






にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へblogram投票ボタン
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



    

海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR -』のリブート作『24: Legacy』の予告編が公開!



海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR -』のリブート作にあたる『24: Legacy』(原題)の
予告編が初披露されました。アメリカでの放送日は2017年2月5日の予定になっています。
エピソード数は12話らしい。

CTU捜査官のジャック・バウアーを長年に渡って演じた
キーファー・サザーランドに代わり、リブート作の新しい主人公役に
若手のコーリー・ホーキンスが抜擢。

コーリー・ホーキンスという俳優さん、初めて知った人なんだけど、
次回作は『キングコング』の新作だそうです。
ジャック・バウアーとはまた違ったキャラの魅力を発揮できるのかが注目点。


他の俳優さんでは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのミランダ・オットーが
CTUの元トップ役のレベッカを演じている模様。


実は主役のコーリー・ホーキンスの写真を最初見た時、
「顔が面長だし、24時間もテロと戦えるのかな~?」と不安視していたのですが
予告編で動いている姿を見てみると、ちょっと不安が解消されました。


新しい『24』のドラマは、前シーズンと同じく分割画面を使っているようですが、
それ以外にドラマの定番要素がどれぐらい受け継がれているのか気になります。

同じことを描いてもマンネリ化してしまうし、かといって一斉に省いてしまうと
『24』らしさが薄まってしまうので、その辺のさじ加減が作り手側として悩み処になりそう。

さすがにジャック・バウアーの再登場は、
前シーズンの終わり方がああいった形だっただけに
可能性は薄そうだし、そろそろ引退させてあげたいな~と。


あと、日本でドラマのレンタルDVDが決まった際、
ゲオが先行レンタルで、その次にツタヤがレンタル開始になったら
ツタヤ利用者としては歯痒い気持ちになります。(近場にゲオがない!)

デジタル配信が先行だったらありがたいなぁ。



■関連記事




●ジャック・バウアーのきつい1日が再び 『24 リブ・アナザー・デイ』第1話を見た!

●『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』を全話見た!








にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へblogram投票ボタン
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



    

スパイ大作戦シーズン1 第1話「核弾頭を奪え」の感想 置き土産の変装マスク!

スパイ大作戦 シーズン1<トク選BOX> [DVD]



サンタコスタの独裁者リオ・ドミンゲス将軍から2つの核弾頭を奪い出す
指令を受けたIMFのダン・ブリッグス(スティーブン・ヒル)は、選び抜かれた
メンバーと共に将軍が司令部を置いているナショナル・ホテルへ潜入する。
2つの核弾頭はホテルの金庫室に厳重に保管されており、外からの侵入は
不可能と思われたが、ブリッグスとIMFメンバーらは果敢に任務に挑む。



(シーズン1のプロモ動画)


連続ドラマ『スパイ大作戦』の記念すべき第1話「核弾頭を奪え」を見ました。
後期のシーズンを先に見ている身としては、期待半分不安半分な気持ちでしたが、
ドラマの基本構成はそんなに変わっておらず、すっと入っていけました。

任務の指令をテープレコーダー(再生後、自動的に消滅)で受けるのが
『スパイ大作戦』のお馴染みの光景だけれども、第1話では音楽レコードとなっており
そういえば映画版の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』もレコードで指令を受けていたな~と
思い出しました。なにげにドラマ版からのオマージュだったのかな。


IMFメンバーの各キャラクターはこんな奴~といった人物描写は抑え気味で
ひたすら任務を遂行する姿を描いており、これはのちのシーズンでも同じトーンでした。
敵に変装がばれるか、ばれないかのハラハラするシーンの後にホッとする和みが入り
緩急がつけられている。


核弾頭という物騒な代物をホテルの金庫室で保管するのは
現実的に大丈夫なの?という点や核弾頭を収めている箱のダイヤルを
正しく解除しないと爆発してしまう恐ろしい設定に疑問が浮かぶものの、
あくまでもドラマを盛り上げるための仕掛けなんだろうと納得。


第1話ではまだレギュラーの配役に確定していなかったのか、
変装の達人ローランを演じたマーティン・ランドーがゲスト出演でクレジットされていました。
将軍に化けたり、アクシデントのため急きょリーダーのブリッグスに変装したりと大活躍。
なにげに仲間のシナモン(バーバラ・ベイン)を口説いていたのがおもろい。


シーズン1は28話のエピソードがあるので
気長に見ていきたいと思います。





にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へblogram投票ボタン
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



    

海外ドラマ「24」のスピンオフドラマが企画中~バウアーは出るの?

マクファーレントイズ 24 ジャック・バウアー DX BOXセット
『なにっ俺がゲスト出演の24のドラマだって!?
責任者出てこい!ガッチャン!』



「24」スピンオフシリーズ制作へ ジャック・バウアーもゲスト出演 : 映画ニュース - 映画.com





この前の『リブ・アナザー・デイ』の視聴率が良かったようで
やっぱり新作のシリーズを企画中のドラマ『24 TWENTY FOUR』

新たなシリーズでは主人公が若返り、年上のベテラン女性キャラと
一緒にテロに立ち向かう話になるようです。
ジャック・バウアーことキーファー・サザーランドのゲスト出演も予定しているようだけど、
オリジナルのようにグイグイと引き込むドラマを作ることができるのかこうご期待。


でも、『リブ・アナザー・デイ』のラストから
どうやってジャックを再登場させるのか思いつきません。

それか、『リブ・アナザー・デイ』よりも前のエピソードだったら
登場しやすそうな感じがします。

今頃シナリオ担当の人が頭を抱えながら、話を考えているんだろうなぁ~。
「しまった~あんな終わり方にするんじゃなかった!」という具合に。

新作のエピソード数は24話になるんだろうか?





にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へblogram投票ボタン
人気ブログランキングへ


    

『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』を全話見た!

ブロマイド写真★海外ドラマ『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』/ロンドン塔前に立つキャスト10人/【ノーブランド品】



ちょうど休みだったのも重なって、リリースされたばかりの
連続ドラマ『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』を一気に見ました。

うまい具合にグーグルプレイのギフトカードが手元にあったのも
一気に見ることができた要因です。



舞台がアメリカからイギリスのロンドンに変わり、
エピソード数がいつもの24話から12話に減ってしまったものの、
スリルと興奮が詰まった安定の『24-TWENTY FOUR-』でした!


そりゃぁ、「この話の展開、前のシーズンで見たでぇ?」という部分もあるんだけど、
それでも続きが見たくなってしまう中毒性を持っていて、目が離せなかった。


シーズン8の最終話を見終った時には感銘深い気持ちになりましたが、
今回の『リブ・アナザー・デイ』のラストもちょっとウルッとなりました。
いつになったらジャック・バウアーの人生に平穏が訪れるのか?


『24』って、どちらかいえば衝撃的なエンディングの印象が強い。
それが、また次のシーズンへの期待につながっていったのだろうけど、
初めて見た時は正に「え~!」と驚いたものです。


最新シーズンを見終って、

テロリストよりもジャック・バウアーの方が恐ろしいということを

改めて再認識しました(笑)


中盤の衝撃的なシーンもさることながら、
最終話の怒り狂った無双ぶりは「鬼に金棒」状態で凄すぎて笑っちゃう。

テロリストの皆さんは絶対ジャックを怒らせたらいけませんって!
それはシーズンを通して実証済み。


あと、緊急事態とはいえ、結構一般市民の人が巻き込まれてしまう。
車がない!目の前にいた車の運転手をぶん殴って強奪!
ありゃ?これは『ダイ・ハード/ラスト・デイ』で見たような・・・。



シーズン3から連続で登場しているクロエ(メアリー・リン・ライスカブ)は
見た目がガラッと変わり、ある過去を引きづっているものの最後まで大活躍。
ジャックとの強い絆がラストにつながり、ベストシーンにランクイン!


アメリカでの視聴率が前シーズンよりも伸びたということで
もしかしたら、再び『24』が戻ってくるかもしれないといわれておりますが、
この辺で有終の美を飾ってもいいんじゃないかと思います。
ジャック・バウアーが不憫で仕方がないし・・・。

それでも、また新作が出たら、見るでしょう。


(5段階)
ジャック・バウアー活躍度:4
ジャック・バウアー凶悪度:5
ハラハラ感度:4
グロ度:3
濡れ場10分ぐらいで終わっちゃった度:3




◆『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』特設サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ







    
   

ブログ画像RSS

【広告PR】