セガールの連続ドラマ「TRUE JUSTICE」 シーズン1・2感想の記事 (1/3)

沈黙の魂 TRUE JUSTICE2 PART6

沈黙の魂 TRUE JUSTICE2 PART6 [DVD]

『沈黙の魂 TRUE JUSTICE2 PART6 』  セガール、動いてぇ~!

監督:ウェイン・ローズ
出演:スティーヴン・セガール、サラ・リンド ほか

元シアトル警察の隊長ケイン(セガール)の前に、部下たちの命を奪った伝説
のギャング・ゴーストがついに姿を現す!しかしゴーストと結託したCIAの裏切り
部隊が現れ、ケインと彼の仲間に襲いかかる!更に、ケインの復讐を阻止しよう
とするFBIまで現れ、次々と倒されていくケインの仲間たち・・・。
果たしてケインは殺された部下の魂に報いることが出来るのか!?
【DVDの背表紙より引用】






購入してからすぐに観たものの、
感想を書くのにだいぶ間が空いてしまいました。

書きづらかった理由としましては、

ひとつに

お話が完結しなかったというのが挙げられます。

いわゆる「クリフハンガー」的な「さあ、どうなる?」という所で終わってしまったので、
まさかセガール作品でそう来るとは思わなかったので、意表をつかれました。
シーズン1もそんな終わり方でしたが、今回の『PART6』のDVDパッケージにはデカデカと
「完結」の文字があったし、ドラマも終盤に差し掛かっていたので、当然終わるものだと
考えていました。

念のためIMDbでエピソードリストを見たのですが、
シーズン2は全部で13話あることが判明。DVDでは2話をくっつけて
1つのエピソードみたいな感じになっています。
ということは、DVD6巻(12話)なので、あと1話残っている!

その最後のエピソードだけDVDに収録されていないのか疑問ですが、
これはもしかして、シーズン3への布石とか?

もし、シーズン3が作られるとするなら、部下の仇討ちをする内容で
話を引っ張るのはちょっとしんどいような気もします。


で、もうひとつ感想が書きづらかった点は、
以下は多少ネタバレになります。



    
[ 続きを読む » ]

沈黙の刻 TRUE JUSTICE2 PART5

沈黙の刻 TRUE JUSTICE2 PART5 [DVD]

『沈黙の刻 TRUE JUSTICE2 PART5』

監督:キオニ・ワックスマン
出演:スティーヴン・セガール、サラ・リンド ほか

元シアトル警察の隊長ケイン(セガール)は、殺された部下の仇である
伝説のギャング・ゴーストを核兵器密輸事件を追っていた。一度はケイン
の手元に回収された核兵器だったが、ゴーストと闇取引したCIA特殊部隊に
よって再び強奪されてしまう!やがてCIAの陰謀の背後に、意外な人物が
浮かんでくるのだった!【DVDの背表紙より引用】






ドラマも終盤に近づいてきましたが、前回に引き続き、
セガールが必要以上に敵に関節技をかけていてイイ感じです。


毎回、オープニングではドラマ本編の映像を使った
スタッフクレジットがあるのですが、今回は建物の壁面に合わせて
スタッフの名前が斜めに表示されたりと演出が凝っていて、ワクワクしました。
特に終盤の表示の仕方が良くて、真似してみたくなりました。


核兵器を確保することに成功したセガールとチームの面々。
しかし、悪のCIAによって核兵器が強奪され、その裏にある人物が絡んできます。
DVDのパッケージを見ると、すぐにその人物が誰か分かっちゃいますし、
前の話で薄々「怪しいな」と思っていたのですが、裏切り者は※※※でした。
セガールを裏切ると、大変な目に遭ってしまうのによくやるなぁ。


新キャラではロシアの女性工作員アンナが登場。
セガールとは旧知の仲らしく、再会した途端、ラブシーンに突入(笑)
これは視聴者のためのサービスというよりは、セガールのためのサービスシーンでしょう。
シーズン1のPART1でも別の女性キャラとイチャついていたし。
※アンナ役の女優さんはデンマーク出身のEmilie Ullerup。(IMDb参照)


アクション面では、車でガラスを突き破って敵陣に突撃したり、
高い所から人が落っこちるスタントなどそこそこ充実していました。
無論、セガールのアクションもボチボチです。
セガールが追っかけてきて、とっ捕まえた敵をボコボコにするシーンを見ると、
さすがに敵に同情を感じざるを得ないです。
「敵の人、逃げて~!」みたいな。




にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ


【スタッフ・キャストのインタビューなどのメイキング映像を収録】




    

沈黙の炎 TRUE JUSTICE2 PART4

沈黙の炎 TRUE JUSTICE2 PART4 [DVD]

『沈黙の炎 TRUE JUSTICE2 PART4』  素のセガール

監督:ウェイン・ローズ
出演:スティーヴン・セガール、サラ・リンド

部下を伝説のギャング・ゴーストに殺された元シアトル警察の隊長ケイン
(セガール)。警察を辞め、ゴースト一味に復讐するケインとそのチーム。
そんなケインの耳に、小型核兵器が武器商人ハッサンによって、ゴーストへ
渡される情報が入る!その取引を阻止しようとするケインとチームだったが、
メンバーの一人が発散の銃弾によって命を落としてしまう!【DVDの背表紙より引用】



『PART3』と続けて鑑賞していたのですが、
感想を書く間が空いて、年末になってしまいました。

『PART4』は『PART3』と変わらずイイ感じに仕上がっていました。
冒頭、セガールと負傷したサラがいる隠れ家に暗殺集団が突入しますが、
セガールと残りのメンバーの活躍によって返り討ちに。
セガールがドア越しに愛用のガバを速射して、敵を倒す場面がイカす。

今回の敵は、宿敵ゴーストに小型核兵器を渡そうと企む武器商人のハッサン。
核兵器が絡む過去のセガールの作品といえば、クライマックスで××××をポイ捨てする
映画『撃鉄2 クリティカル・リミット』が思い浮かびます。
どんどんスケールが大きくなっているようだけど、収集がつくのか気になります。

核兵器の行方を探るセガールとチームメンバーは
ハッサンが出向いた売春宿が兵器の取引に関係しているとにらみ、
トップバッターでセガール親父が客として潜入することに。
美女2人に囲まれたセガールはいつもの仏頂面が崩れて、ニヤついています。

役得やないか。

いつになく低い声で「すぐ戻る」と言って、ちゃんと兵器の行方を調べていましたが、
死体1体を作っただけで、収穫なし。

その後、他のメンバーも同じように客として潜入し、
ついに兵器の在処を突き止めるも、ハッサン側とドンパチに。
兵器のそばで撃ち合いっていうのは、ちょっと危ないような。

セガールは基本無傷ですが、
サラを含めた他のメンバーは生傷が絶えません。(というより撃たれたりと大変)

今回の話では、ついにメンバーのひとりが敵の銃弾で死んでしまいます。
キャラの愛着が出てきただけに残念でした。
セガールが「敵に背後を見せるな」と忠告していたのに。

『PART4』でツボだったのは、白昼堂々とセガールが手放し運転で
敵を射殺するシーン!すげえ。


にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへブログランキング







    

沈黙の牙 TRUE JUSTICE2 PART3

沈黙の牙 TRUE JUSTICE2 PART3 [DVD]

『沈黙の牙 TRUE JUSTICE2 PART3』

監督:ラウロ・チャートランド
出演:スティーヴン・セガール、ダーレン・シャラヴィ、サラ・リンド ほか


仇敵である伝説のギャング・ゴーストに復讐を誓う元シアトル警察の隊長
ケイン(セガール)。そんな彼の前に、亡くなったはずのCIA時代の同僚
ボージャンが現れる!クイックシルバーという精鋭の傭兵部隊を率いて、
ゴーストの一味となったボージャン。やがてケインとボージャン、因縁の
二人による闘いの幕が切って落とされる!【DVDの背表紙より引用】



1巻、2巻に引き続き、今回もそこそこ面白く見れました。
セガールの調子がいいのか、アクションシーンは、ほぼ本人だったので安心(笑)

部下を殺した敵ボス、ゴーストをおびき出すため、関係する犯罪組織を
片っ端から攻撃を仕掛けるセガールと新チーム。

メキシカンマフィアの大金を奪った男達の情報を探っていると
ゴーストに繋がる男の存在が浮かび上がり、セガールは眉をひそめる。
なぜならその男は公式には死んでいるから。

その死んでいるはずの男ボージャンを演じているには、
『沈黙の復讐』でセガールと対戦したことがあるダーレン・シャラヴィ。
セガール作品では、なぜか同じ役者が再共演することが多い。

ドラマでは2回ほどセガールと闘いますが、『沈黙の復讐』の時と同様に歯が立たない。
それでも、シャラヴィの蹴りが2回ほどセガールに当たっていたので、
雑魚キャラよりは健闘している方。

セガールと部下が金を盗まれたメキシカンマフィアのボスに会いに行くのですが、
なぜか、セガールとボスは旧知の仲で「24時間で金をとり返してくるから、
チョット待っといてぇなぁ」と話がまとまる。

その後、セガールを勝手に亡き者にしようとしてボスにボコられていた手下が
「恥かかせやがって!」とよせばいいのに、セガールに拳を振り上げる。
結果はいつも通りで、手下はセガール拳に餌食に。
投げ技が決まっていて、シーズン1よりもセガールのアクションが充実している感じ。

新しい部下も馴染んでいるし、アクションもなかなか。
シーズン1から続けて出演しているサラ・リンドは
ドラマ内でセガール直々に拳銃のトレーニングを受けていて、
他のキャストもそうですが、銃器の扱いがしっかりしている。
シーズン1ではグロックを使っていたサラですが、
今回はベレッタをチェンジしているという、誰得情報。

中盤での銃撃戦で拳銃のマズルフラッシュは実写でしたが、
長物のアサルトライフルのマズルフラッシュは後からエフェクトを
つけたように見ました。空砲代を抑えるためか、撮影上の制約かもしれない。



にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ


【スタッフ・キャストのインタビュー等の映像特典付き】
    

沈黙の掟 TRUE JUSTICE2 PART2

沈黙の掟 TRUE JUSTICE2 PART2 [DVD]

『沈黙の掟 TRUE JUSTICE2 PART2』  皆殺し作戦随意遂行中


監督:ウェイン・ローズ
出演:スティーヴン・セガール、サラ・リンド、
   ジェシー・ハッチ、エイドリアン・ホームズ ほか




アジアから密入国させた美女たちの臓器を売りさばくチャイナ・マフィア。
彼らを壊滅する為、バンクーバーへ潜入するケイン(セガール)率いる
最強無敵チーム。しかし、そんなケイン達の前に、殺された部下の敵と
目される東欧ギャングのカラジックと死神ドクター・ジーが立ちはだかる!
ケインの復讐の闘いはついに終わりを迎えるのか!?




第1巻と変わらず、カナダを舞台にセガールと仲間達が
悪党達を皆殺しにしていく問答無用のアクションドラマ。

前回の話に引き続き、セガールが代役を使わず、
ほとんどのアクションシーンを演じているように見えたので安心しました。
格闘、銃撃シーンが万遍なく組み込まれ、クライマックスでは
実写の爆発(実写が重要)、セガールによる一撃必殺の狙撃シーンが
盛り込まれる大サービス。

後半のシーンで敵の護衛2人と格闘する予定だったのを銃撃で倒してから、
敵ボス戦に持ち込むように変更したと、メイキングで語っていたセガール親父。
あんまり格闘シーンを盛り込むとセガールのスタミナが切れてしまうので
妥当な判断だったのかもしれません。

臓器の密輸が絡む話だったので、メスで皮膚を切り裂くアップや臓器、
ちょん切れた足首などそこそこグロいシーンがありました。

風貌がマッドサイエンティストの雰囲気で
メスを使って戦いを挑んできそうな気がした敵キャラのドクター・ジー。
蓋を開けてみたら、セガール達の妨害により臓器の運搬が遅れ、
ボスにビクついている小心者だったので拍子抜けしました。
当然、セガールとの戦いもあっという間に勝負が付いてしまった。

関係する犯罪組織をぶっ潰して、黒幕をおびき出そうとする話の流れでしたが、
手下から中ボス、大ボスと、なんだか話を引き延ばした感があるような、ないような。
敵キャラが増えていくので、人物整理が忙しかったり。

第2巻ではセガールに関係するあるキャラが殺されてしまい、
セガールの怒りをさらに加速する結果になってしまう。
まさかあのキャラが殺されるとは思っていなかったので、驚きでした。
その描写もあっけない感じだったので、よけいにそう思いました。

そんなこんなで、
次の第3巻もセガールチームの大暴れを期待したいものです。





にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ


映像特典にはメイキング&オリジナル予告編を収録。


    
   

ブログ画像RSS

【広告PR】