ファンタジー映画の記事 (1/1)

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 [DVD]

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 ※メインのブログより転載

監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ロバート・グリント、エマ・ワトソン ほか

ヴォルデモートを倒すため、ハリーとロン、ハーマイオニーの3人は追手や幾多の困難に
立ち向かいながら、分霊箱を探し出して、破壊する旅を続けていた。ハリーは旅の過程で
自身とヴォルデモートに関する事実を知り、最期の対決に挑むために母校ホグワーツへ向かう。




3Dの字幕版で鑑賞しました。
TOHOシネマズの映画館ではたぶん2回目の3D映画鑑賞だと思う。
3D眼鏡を1回買ったら、次の映画(3D)で持ち込んで観れるのがいいところ。

3Dの効果は後半あたりが際立っていたように見えましたが、
あえて3Dで観る必要はあんまりなかったような・・。

前作『PART1』は話の展開がゆったりで、過酷な旅でハリー達が追い込まれていき、
ギスギスとした暗さが全編に漂っていて、観るのがしんどかった。

でも、今回の『PART2』はヴォルデモートとの全面対決ということで
決戦の場になった魔法学校のホグワーツがけが人、死人が出まくりの戦場と化し、
魔法杖からビュンビュン光線が飛び出したりと、戦いの場面が盛り上がって熱かったです。
戦いの過程であの明るいキャラが画面から消えてしまったりと、なかなかショッキングだったりする。

1、2、4、5作目は映画館で鑑賞し、他はDVDという中途半端な形で観ていた本シリーズ、
いろいろな謎が明かされ、決戦前に仲間たちやすでに死んでしまった両親とシリウス・ブラックが
ハリーを後押ししていく様子は暖かく、感銘深いものがありました。
ただ、ハリーのお父さんの存在が弱かった。

そして、スネイプ先生の隠された過去が分かり、その一途な思いに心動かされ、
なにげに影の主役だなぁと思いました。たった一言の台詞に気持ちが集約されていて
ナイスなシーンでした。


『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』公式サイト


にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ人気ブログランキングへ


    
   

ブログ画像RSS

【広告PR】