第18回 日本インターネット映画大賞(外国映画部門)に投票

あれよあれよと年を越してしまい、
気付けば日本インターネット映画大賞の投票締め切りギリギリになってしまいました。

2013年に鑑賞した外国映画のラインラップから
投票していきたいと思います。


[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
◾1作品に投票できる最大は10点まで


-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
「ワイルド・スピード EURO MISSON」 5点
「パシフィック・リム」         5点
「ゼロ・グラビティ」          4点
「ホワイトハウス・ダウン」       4点
「エンド・オブ・ホワイトハウス」    2点
「ジャンゴ 繋がれざる者」    2点
「アイアンマン3」        2点
「RED リターンズ」       2点
「L.A.ギャングストーリー」    2点
「オブリビオン」         2点


【コメント】
なかなか順位をつけるのは難しかったのですが、
第一印象から各映画を選びました。



『ワイルド・スピード~』はアクションが過剰になっていく様子が凄くて、
『96時間』を観た時のような「凄すぎて笑っちゃう」映画と同格。
ヴィン・ディーゼルがあんな方法でジャンプしたのがビックリでした。



『パシフィック・リム』、結局感想を書けずじまいだったのですが、
昔怪獣映画を観ていた頃の気持ちに戻りつつも、ちゃんと迫力と興奮を
与えてくれる21世紀のカイジュウ映画に仕上がっていて楽しかった。
また、印象に残るセリフが多かったのも特徴的。
「悪いニュースといいニュースがある」、「ここで死ぬか、イェーガーの中で死ぬか」など。



『ゼロ・グラビティ』は宇宙空間を映画館で疑似体験できちゃう
とんでもない映画で映像が半端なかった。





—————————————————————–

【監督賞】              作品名
[アルフォンソ・キュアロン] (「ゼロ・グラビティ」)

【コメント】
宇宙空間を演出するために長い時間下準備して、
驚異の長回し撮影をやってのけたことに脱帽。

【主演男優賞】
[ジェラルド・バトラー] (「エンド・オブ・ホワイトハウス」)

【コメント】
捕虜にしたテロリストへの尋問というか拷問のえげつなさが
素晴らしかったですね。ナイフでグサっ「英語で話せ」(爆)

【主演女優賞】
[サンドラ・ブロック] (「ゼロ・グラビティ」)

【コメント】
40代後半に差し掛かっているのに
「あれ、サンドラ・ブロックって、こんなに綺麗だったっけ?」(失礼)
もさることながら、説明書を読みながら地球へ帰還しようとする一生懸命な姿や
ラストシーンが神々しかった!

【助演男優賞】
[ジョージ・クルーニー] (「ゼロ・グラビティ」)

【コメント】
危機的状況で頼りになるマット・コワルスキーを好演。
特に何事もなかったかのようにサンドラ・ブロックの前に帰ってきて
ウォッカを一口飲んで一息入れるシーンが絵になる。

【助演女優賞】
[ジーナ・カラーノ] (「ワイルド・スピード EURO MISSION」)

【コメント】
去年は出演作『エージェント・マロリー』が残念だったけど、
今回はミシェル・ロドリゲスとの格闘アクションで名誉挽回。
できれば、もっと活躍が見たかったですね。

【ニューフェイスブレイク賞】
[ジョーイ・キング] (「ホワイトハウス・ダウン」)

【コメント】
クライマックスの旗振りシーンもさることながら、
銃口を向けられて覚悟を決める決意の表情がよかった。

【音楽賞】
「パシフィック・リム」

【コメント】
あの勇ましいメインテーマは外せない!ピンチの時「ここぞ」という瞬間に
流れるのが良かったです。細かなところではカイジュウが上陸するシーンで
『ゴジラ』っぽい重々しい曲がかかる。
—————————————————————–



【私が選ぶ一般車両大量破壊映画賞】
[マクレーンが分捕った車で他人の車を破壊しまくる] (「ダイ・ハード/ラスト・デイ」)

【コメント】
本作で世界一不運な刑事から世界一迷惑な刑事に変貌を遂げてしまいました。
巷では酷評されていますが、メチャクチャ壊しまくっている点を評価したい。
『放射能を軽視しすぎ賞』とダブル受賞です。おめでとうございます(笑)
次回作は東京が舞台だとか?


—————————————————————–
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
—————————————————————–







関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

   

ブログ画像RSS

【広告PR】