『サバイバー』 女性外交官の信念

サバイバー [Blu-ray]

『サバイバー』 原題:SURVIVOR

監督:ジェームズ・マクティーグ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ピアース・ブロスナン、ディラン・マクダーモット




ロンドンの米国大使館に派遣されたエリート外交官で危機管理の専門家ケイト・アボット。
彼女の任務はアメリカへの不法入国を狙うテロリストたちを阻止すること。
年の瀬も押し迫った12月29日、ケイトはある不審な入国者に気が付くが、直後爆破テロに
巻き込まれ、その犯人としてアメリカ国家、イギリス警察、そして最凶最悪のテロリスト“時計
屋"から追われることになる。
必死の逃亡を続けながらも、大晦日のNYタイムズスクエアにテロの脅威が迫っていることを
知ったケイトは厳重な警備の目をかいくぐって、一人ニューヨークへ飛ぶ。
果たして、たった一人で100万人を救うことが出来るのかーー?(Amazonより引用)





Amazonビデオにてミラ・ジョヴォヴィッチのサスペンス映画『サバイバー』(字幕版)を観ました。
ミラ・ジョヴォヴィッチといえば、『バイオハザード』シリーズのタフなヒロインの
アリス役が有名ですが、本作の外交官役も悪くなかったです。

「時計屋」の異名を持つ暗殺者役に5代目ジェームズボンドだった
ピアース・ブロスナンが扮し、最後まで冷徹な悪役を演じていました。
お歳は60歳を超えましたが、映画内では落下しながら銃撃アクションをしたりと
まだまだ血気盛んな様子。ちょっと詰めが甘かったのが残念だった。


外交官ケイトが爆破事件に巻き込まれた挙句、殺人犯として警察に追われる身に
なってしまい、その中で大晦日のニューヨークで爆破テロが計画されていることを知り
ひとりテロを防ごうとするのが大筋。

9.11テロの際、友人を亡くした経験から
何が何でもニューヨークのテロ計画を防ごうとするのが
ケイトの行動力の大きな源になっています。


内容的にはそんなに真新しい部分は少なかったものの、
1時間30分弱の映画なので、サクサクっと気軽に観れました。

欲を言うなら、ミラ・ジョヴォヴィッチとピアース・ブロスナンは
もっと激しく戦ってほしかった。
外交官役なので、格闘技を披露するわけにはいかないんだけど、
実は「※※の格闘」ができるみたいな設定があったらな~と思いました。


昨今のテロを扱ったアメリカ映画は、悪役の動機や行動を描くのに苦心しているようで
ひと昔みたいに「中東系のテロリスト」や「ロシア人」といった定番キャラは影をひそめ、
本作では「復讐」と「金儲け」を合わせたテロ計画になっていました。

リーアム・ニーソンの映画『フライト・ゲーム』に登場した悪役の動機よりは
まだシックリきたかな?


●映画『サバイバー』登場銃器一覧(Imfdb)






にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へblogram投票ボタン
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

 大使館女性職員がテロに巻き込まれ、追走劇を繰り広げるという作品です。原題 SURVIVOR制作 2015年・米 97分監督 ジェームズ・マクティーグ出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ、ピア ...
   

ブログ画像RSS

【広告PR】