『メカニック:ワールドミッション』 ステイサムアクション度330%超え

ポスター/スチール 写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン2 メカニック ワールドミッション (2016) 光沢プリント

『メカニック:ワールドミッション』 原題:MECHANIC: RESURRECTION

監督:デニス・ガンゼル
出演:ジェイソン・ステイサム、ジェシカ・アルバ、トミー・リー・ジョーンズ

精密で正確な仕事ぶりで“メカニック”と呼ばれた凄腕の元殺し屋ビショップ。今は裏社会から足を洗い、
リオデジャネイロで平穏な日々を送っていた。そんなある日、幼少期から暗殺者として一緒に育てられた
男クレインからの依頼が舞い込む。彼はある事件がもとでビショップへの憎しみを募らせる因縁の相手
でもあった。依頼を拒絶して、タイに身を隠すビショップだったが、何の罪もない女を人質にとられてしまい、
やむを得ず依頼を受けることに。しかしそれは、武器商人として世界を裏で操る3人の超大物フィクサーを
暗殺するという、あまりにも危険で困難なミッションだった。(allcinemaより引用)








映画館メモ



午後13時からの上映の回で鑑賞。
客層はどっちかというと年配の人が多かったです。
通路側の席がよく埋まっていた感じ。

本編の上映前に本予告が流れるという、ステイサム推しの映画館でした。
パンフレットは720円。

メカニック:ワールドミッション パンフレット



映画の感想 ~過剰の過剰~



映画館で観たステイサム出演作では、『ワイルド・スピード SKY MISSION』以来となりますが、
単独主演作では『ワイルドカード』(2014年)だったので2年ぶりとなります。
2015年に全米公開された『SPY/スパイ』が、1年以上も待って日本公開されず
そのままソフトリリースされたのが残念でなりません。


ポスター/スチール 写真 A4 パターン7 メカニック ワールドミッション 光沢プリント
ポスター/スチール 写真 A4 パターン7 メカニック ワールドミッション 光沢プリント

そんな鬱憤を晴らすかの如く、
本作の『メカニック:ワールドミッション』は、
ステイサムが周到に暗殺の準備をしながら、殴る!蹴る!撃つ!跳ぶ!を繰り返し
凄まじい勢いで敵がバタバタと倒されるアクション快作になっていました。

前作の『メカニック』が普通すぎると勘違いするぐらい、
ステイサムのアクションが盛りに盛って、過剰の3割増し!!


思えば、『ワイルド・スピード SKY MISSION』の冒頭の病院のシーンで
ステイサム演じるデッカード・ショウによる事後アクションが描かれていましたけど、
本作はその事後アクションを全部映像化したみたいな感じで、
ステイサムがたったひとりで大勢の敵を葬り去っていく様子が圧巻であり
独特の説得力を持っていました。


『エンド・オブ・キングダム』でジェラルド・バトラーがワンマンアーミーぶりを発揮していたけど、
今回のステイサムは、バトラーと同等か、それ以上の暴れっぷりを披露していました。
途中でステイサムが倒した敵の数を数えられなくなってしまった。

このシーンは普通に終わるんだろうな~と思っていた2秒後に
ステイサムが100万馬力の馬鹿力を発揮して予想を裏切ってくれたのがうれしかった!


事故に見せかけて暗殺しろと言われているのに
暗殺方法がド派手ではないかというツッコミもあるかもしれませんが
仮に3人のターゲットとも毒殺にしちゃったりすると地味だろうし、
映画的にはあれでよかったんだと思う。


ポスター/スチール 写真 A4 パターン6 メカニック ワールドミッション 光沢プリント
ポスター/スチール 写真 A4 パターン6 メカニック ワールドミッション 光沢プリント

ヒロインのジェシカ・アルバは人質になってしまうわけだけど、
囚われの身ながらも隙を見て監禁場所を知らせようとしたり
物の見事に敵の股間を蹴り上げるといった見せ場があったのが素晴らしかったです。
ステイサムのおでこに触れたのは、映画ではジェシカ・アルバが初めてではないか?

タイの孤島にビキニ姿のジェシカ・アルバ。
作り手は映画に何が必要か分かっている!


また、さりげなく映画の元ネタとなったチャールズ・ブロンソン版の『メカニック』の
オマージュというか小ネタが入っていたのが小粋でした。
前作を観ていなくても楽しめる作りになっているのも良心的。


やっていることは暗殺なんだけど、
計画から準備と実行、その後の脱出に至るまでの流れが手際が良くて
日常生活でも見習いたいものです。


あと、滅多にないだろうけど、

メカニック:ワールドミッション

涼しい顔で敵の背後に出現してみたい。



映画メモ


・ステイサムアクション度 330%

・タイトルの『ワールドミッション』は合っている。

・ロケ地はブラジル、タイ、オーストラリア、ブルガリア。

・2016年度「たったひとりで多くの敵を倒した賞」に上位ランクイン。





・映画『メカニック:ワールドミッション』公式サイト

・映画『メカニック:ワールドミッション』上映劇場一覧

・映画『メカニック:ワールドミッション』の登場銃器一覧※海外サイト






にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へblogram投票ボタン
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



関連記事
    

コメント

No title
こんにちは。
アクションの満足感が文章から伝わってきますね。
見てみたくなりました!
Re: No title
マレクさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

まさか、あんなにもステイサムが大暴れしているとは
思っていなくて、儲けものでした。

上映館が少ないのでお早めにどうぞ!
ホント上映館少ないですよね
こんにちは。
サクッとトラックバック完了です。
私はとりあえず1回劇場で観れば、後はじっくりBlu-rayでと思ってます。
スロー再生でジェイソンのアクションをじっくり堪能したいから。
Re: ホント上映館少ないですよね
ケフコタカハシさん、
コメント&トラックバックありがとうございます。

前作も上映館が少なく、その影響なのか、たまたまなのか
映画館は混んでいた記憶があります。

TOHO系でも上映してほしかった。
そっちの方が近いので。

2回目は観れるのか未定です。

管理者のみに表示

トラックバック

ジェイソン・ステイサム演じる主人公の殺し屋アーサー・ビショップは、この名前に負けないカッコ良さでした。アクションサスペンスとしても、とてもしっかりとした出来で、すごく面白かったです。 映画「メカニック:ワールドミッション」作品情報 冒頭に登場したゴージャスではないけれど、使い込まれ手入れされたクルーザーの木質感がたまりませんでした。 そんな船の中でレコードに針を下ろ...
愛のために危険なミッションに、挑む… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609250000/ メカニック【Blu-ray】 [ ジェイソン・ステイサム ]
   

ブログ画像RSS

【広告PR】