『沈黙の包囲網 アジアン・コネクション』 セガールの金を盗むなんて頭悪すぎ!

沈黙の包囲網 アジアン・コネクション [DVD]

『沈黙の包囲網 アジアン・コネクション』 原題:THE ASIAN CONNECTION

監督:ダニエル・ジリーリ
出演:ジョン・エドワード・リー、ピム・ブベアー、サハジャック・ブーンタナキット
    スティーヴン・セガール、マイケル・J・ホワイト 他


東南アジアの闇社会を支配するシランキリ(S・セガール)の資金源である銀行が強盗に襲われる。
シランキリの金を奪ったのはタイを拠点にする強盗コンビ・ジャックとサム。仕事は成 功したかに
思えたが、あえなくシランキリの側近・二ランに捕まる。しかし、二ランは2人を手助けし強盗を
続けさせ、同時に分け前を頂いていく。一方、度重なる強盗に組織内部に裏切 り者がいることを
察知したシランキリは、組織内の締め上げと悪の包囲網を使ってジャックたちを追い詰めてゆく。
(Amazonより引用)




Google Playで『沈黙の包囲網 アジアン・コネクション』(字幕版)を観ました。
72時間レンタルのSD画質でした。
Amazonビデオでは、まだ配信が始まっていませんでした。
レンタルDVDは11月2日より開始。セルDVDは12月2日に発売予定です。


この前観た『沈黙の帝王』と同じく、
セガール主演作ではなく、ゲスト出演した映画になっています。
今回のセガールの役どころは、犯罪組織のボスです。

なので、主演作だと思って見たら、「ちゃうやんけー!」と文句言う人もいるかもしれない。


沈黙の包囲網 アジアン・コネクション [DVD]
沈黙の包囲網 アジアン・コネクション [DVD]

セガールの出番は、『沈黙の帝王』と同じぐらいの出演時間でした。
むろんわずかながらもアクションシーンがあります。
冒頭のナイフアクション、中盤の前蹴り、ラストの銃撃戦等。

出演時間が短かったおかげか、ほとんどセガール本人が演じています。
不自然な後姿の代役のシーンが少なかったのは好印象でした。

これはおそらく、セガールと美女がイチャイチャするシーンがあったので
セガールのやる気がUPしたのだと思われます。
さらに格闘技の構えを手取り足取り教えるシーンが組み込まれていた。



セガールにしては珍しく怒ってテーブルを引っくり返すシーンがあり
「このオヤジ、マジ激怒!」のキャッチコピーは、あながちウソではなかったし、
見た目も相まって、犯罪組織のボス役が似合っていました。


映画の舞台となるカンボジアやタイの風景は綺麗だったのだけど、
映像の節々に低予算が感じられ、肝心のストーリーも、これといったヒネリもなく終わったので
セガールが出演していなかったら観てなかったであろうという作品でした。

とにかく、主人公の銀行強盗や恋人、セガールを裏切る手下といった
登場人物の行動に難があり、傍から見てもハッピーエンドにはならないのが予想できました。
特に主人公の相棒は、強盗で手に入れた金で、すぐ高級車を買っちゃうし、
強盗した時の話を女の子に話したりとボンクラ感満載だった。


沈黙の包囲網 アジアン・コネクション [DVD]
沈黙の包囲網 アジアン・コネクション [DVD]

基本銃撃戦のマズルフラッシュ(火花)や弾着は、後付けVFXでした。
空薬莢も省かれていたので、迫力不足が否めなかったです。
ただ、セガールの拳銃だけ空砲が使えていて、特別待遇でした。

また、主人公に銃器を売買する男役で、マイケル・J・ホワイトが出演しているのですが
『DENGEKI 電撃』でセガールと共演した間柄ながらも絡むシーンがなかったのは残念でした。
撮影現場ではツーショット写真を撮っていたんだけど。



映画まとめ


・セガールがボスらしくしていたのが良かった。

・アクション自体は短いが、瞬殺感がたまらない。

・セガールと美女のイチャイチャシーンあり。(例によって脱ぐのは美女だけ)

・クライマックスが全然盛り上がらなくてどうしようもなかった。








にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へblogram投票ボタン
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

THE ASIAN CONNECTION 2015年 アメリカ/タイ 92分 アクション 劇場未公開 監督: ダニエル・ジリーリ 製作総指揮: スティーヴン・セガール 原案: トム・サイズモア ダニエル・ジリーリ 出演: マイケル・ジェイ・ホワイト スティーヴン・セガール ジョン・エ...
   

ブログ画像RSS

【広告PR】