『ザ・コンサルタント』 最強の会計士現る!

ポスター/スチール 写真 A4 パターン1 ザ・コンサルタント 光沢プリント

『ザ・コンサルタント』 原題:THE ACCOUNTANT

監督:ギャヴィン・オコナー
出演:ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・バーンサル 他


田舎町で会計士を営んでいるウルフは自閉症だが天才的な数学の才能と
戦闘能力を持ち、裏社会ではマネーロンダリングに関わっていた。
ある大手の電子機器メーカーの財務調査を依頼されたウルフは不正を
見つけたことで命を狙われてしまう。







●映画館の様子


映画館に着いたのがギリギリだったのもあり、
客層はあんまり分からなかったけど、後ろの通路側の席が大方埋まっていました。
カップルシートが左右の端っこにあるのがずるい。



●映画の感想


スクリーンでベン・アフレックを見るのは久しぶりでした。

コテコテのアクション映画かと思いきや、ミステリー色の強い内容で、
主人公のウルフは何者でどういった生き方を歩んできたのかという面を
パズルのピースのように描いていて、最後はピタッと謎を消化し、
爽やかな気持ちにさせる不思議な映画でした。

ハヤカワ・ミステリ文庫で出版している海外のスリラー小説を
丁寧に映像化したかのような雰囲気が漂う。

予想していた内容と少し違っていたけど、
何よりの収穫は、自閉症で数字に強く、格闘と射撃の名手という設定の
主人公を演じているベン・アフレックの役のハマり度でした。

ほかの人の感想でも書かれているように
ベン・アフレックの「死んだ目」のような目つきであるとか、
所作が効果的で巧かった。


いわゆる「なめていた相手は、実は凄腕だった!」という属する映画なんだけど、
そういったよくある話に、自閉症と家族を取り巻く話を加えて、新味に見せていたのが、
本作の持ち味なんだろうと思いました。

まさか、ベン・アフレックの映画で、「たかが会計士のはずなのに、なぜあんなに強いんだ!」
敵キャラがビビってしまうセガールの『暴走特急』みたいなワンシーンが見れるとは思いませんで、
ニンマリが止まらなかった。

ポスター/スチール 写真 A4 パターン3 ザ・コンサルタント 光沢プリント
ポスター/スチール 写真 A4 パターン3 ザ・コンサルタント 光沢プリント

本作でのベン・アフレックのアクションは、
キャベツを高速で千切りにするかの如く、効率的に敵を排除することを重視しており、
ふと気づいた時には敵の死体がゴロゴロ転がっている有様。
キアヌ・リーヴスの『ジョン・ウィック』と同様に、銃撃戦では頭部への止めの一撃を多用し、
無駄のない動きをしていました。

それで、劇中では50口径のでかい狙撃銃を使っていたのですが、
映画館の音響効果を手伝って、「ズドンッ」「ズドンッ」「ズドンッ」と腹に響く銃声が
迫力たっぷりで、映画館で鑑賞した甲斐がありました。
これはテレビの画面だと迫力が半減していそう。



・映画『ザ・コンサルタント』公式サイト

・映画『ザ・コンサルタント』上映劇場一覧


●映画メモ


・映画『ザ・コンサルタント』登場銃器一覧(※海外サイト ネタバレ注意)

・『バットマン』の新作より先に『ザ・コンサルタント』の続編を作ろうや。

・お気に入り度3.9(5段階)

・ベルトの有効活用がいい。









blogram投票ボタン


スポンサーリンク



関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

   

ブログ画像RSS

【広告PR】