2017年3月中に観た映画一覧(映画館、ブルーレイ、レンタルDVD)

3月中は映画館で観れたのは2本だけでした。
イドリス・エルバの『フレンチ・ラン』が観たかったけど、タイミングが合わず断念。
また、イコ・ウワイスの『ヘッド・ショット』も観れなかった。6月3日にブルーレイとDVDが発売予定。



◆映画館で観た映画

3月2日 『クリミナル 2人の記憶を持つ男』⇒感想






(一言メモ)ケヴィン・コスナー演じる極悪人ジェリコの心の揺れ動きが見所です。
       何気にDCコミックス映画に関わった俳優さんが勢ぞろいしている豪華な映画でもある。



3月27日 『キングコング:髑髏島の巨神』⇒感想





(一言メモ)潔いほどの怪獣バトルコングの存在感を堪能する映画、
       またはモンスターユニバースの幕開け。



◆ブルーレイで観た映画(輸入盤ブルーレイ)

3月13日 『沈黙の激戦』⇒感想





(一言メモ)所々安っぽいのはいつものことだけど、セガールが戦うシーンがあるので、
       個人的に満足してしまう安定の内容です。




◆レンタルDVDで観た映画

3月6日 『アウトバーン』⇒感想





(一言メモ)カーアクションと人同士の追跡劇が満遍なくあり、アンソニー・ホプキンスと
       ベン・キングズレーの重鎮によるボス演技が良かった。



3月中はAmazonビデオやグーグルプレイ等のデジタル配信では全然映画を観れてませんでした。
そこそこ観たい新作や旧作の映画がたまっている状態です。




スポンサーリンク



関連記事
    

コメント

こんばんわ
沈黙の激戦はキオニ・ワックスマンとセガールの組み合わせと聞くと観たくなってしまいます。
大外れということはないだろう、みたいな絶妙な信頼感、椅子バトルもあるんですねw
Re: こんばんわ
たろたろもなさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

アクション映画の定番「酒場で揉め事」が本作でもあり、
セガールが椅子に座ったまま、チンピラを軽く撃退してしまいます。

『沈黙の標的』でも椅子に座ったまま格闘するシーンがあります。

キオニ監督とはたくさんタッグを組みすぎて、常連監督となっていますが
無難に映画を仕上げてくれるので貴重な人材です。

管理者のみに表示

トラックバック

   

ブログ画像RSS

【広告PR】