『ベイビー・ドライバー』 ピーナッツバターは端まで塗ること

『ベイビー・ドライバー』 原題:BABY DRIVER

監督:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックス

天才的なドライビングセンスを買われたベイビーは、組織で“逃がし屋”として働いていた。
しかし、彼は恋人・デボラの存在を嗅ぎ付けられ、組織を抜ける決意をする。(Amazonより引用)







Amazonビデオにて、『ベイビー・ドライバー』(字幕版)を鑑賞。
1月24日にソフトが発売されるのに伴い、デジタル配信のレンタル価格が安くなったため、
大晦日の夜に前半部分を観始めました。
なにぶん元日は、早く起きないとダメだったので、後半はお預けでした。


周りでは本作を観てハマった人が多かったみたいなのですが、エドガー・ライト監督といえば、
『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』といったコメディ系
映画の印象が強くて、蓋を開けてみれば、音楽と映像がピタッと合わさった、カッチョイイ青春
カーアクション映画に仕上がっていたものだから、気持ちの切り替えに苦労しました。
常連のサイモン・ペグが出ていないのも、原因のひとつかもしれない。あとニック・フロストも。
ユーモアも多少あるんだけど、基本は犯罪アクション映画。


卓越したドライビングテクニックを持つベイビーが警察の追跡を巧みに振り切って、
縦横無尽に無駄なく車を走り回すアクションが清々しく、このカーアクションだけでも満足でした。
全体的にキャストも概ね役柄とピッタリで、ヒロインを演じていたリリー・ジェームズも『高慢と偏見
とゾンビ』の時の時代劇衣装とは違い、今回はウェイトレスで、その姿が似合っていて愛らしかった。
勘の鋭いバッツ役のジェイミー・フォックスは途中退場だったけど、危険でワルな男を好演しているし、
バディ演じるジョン・ハムも後半から存在感を生き生きと発揮していた。




●ブルーレイ、Amazonビデオ





◎映画『ベイビー・ドライバー』登場銃器一覧(※海外サイト)




スポンサーリンク



関連記事
    

コメント

No title
私も年末年始はDVDで映画鑑賞しまくってました!
この作品は観たことないですが、アクション映画は好きなので、今度観てみようと思います!
Re: No title
yukoさん、コメントありがとうございます。

『ベイビー・ドライバー』はもうすぐブルーレイが出ますが、
デジタル配信の方が先に観れますので、どうぞ~。

管理者のみに表示

トラックバック

   

【広告PR】