YouTubeパートナープログラムの参加基準の変更のお知らせが来た!今後の収益化は厳しい?

目次
・YouTubeパートナープログラムの参加基準の変更と現状
・YouTubeの登録後から収益化までの道のり
・今後どうするべ?



スポンサードリンク






YouTubeパートナープログラムの参加基準の変更と現状


つい先日、YouTubeのページを見ていたら、お知らせが来ていまして、
なんでも2018年2月20日からパートナープログラムの参加基準が変更することになり、
基準が満たせていない場合は今後動画から収益を得ることはできなくなりますよ~という主旨でした。

その基準というのは、
4000時間の総再生時間及びチャンネル登録者数が1000人以上。

自分のチャンネルで確認してみたのですが、
現時点ではどちらもクリアできていませんでした。
総再生時間はあとちょっとで4000時間に届くけど、
チャンネル登録者数に関しては全然数が足りない状態です。


・YouTube、広告プログラムの参加基準を厳格化 - CNET Japan


YouTubeの登録後から収益化までの道のり


数年前にYouTubeに登録して、トイガンやら景色の動画を投稿し、
それから少し経って広告を載せられる状態までになりました。
最初は換金額まで達するのはだいぶ先だろうと思っていたけど、
なんだかんだで換金額を超え、先月ようやく初めて銀行へ振り込むところまでいきました。

ここ最近、動画を投稿したら、「この動画は収益化の条件に満たしておりません」と表示されることがあり、
YouTube側で適正な動画だけ収益化を認めるような傾向が見られるようになっていました。
動画のタイトルがNGワードに引っかかるみたいで、後で変更すると収益化できる時がありました。
そんな物騒なタイトルはつけていないつもりだったけど、フィルターなんかで自動的にNGなタイトルが
入ってしまうのでしょう。



今後どうするべ?


残念ながら、2月20日までに上記の基準を満たせる可能性は薄く、
今後動画からの広告収入はなくなってしまうだろうと予想していますが、
動画の投稿は個人的な雑記帳みたいな感じで続ける予定です
もしかしたら、また基準が変わって収益化できるかもしれないですし。


今は諸行無常(すべてはうつり変わるもの)の感覚で様子を
見たいと思います。





スポンサーリンク



関連記事
    

トラックバック

   

【広告PR】