2018年2月中に観た映画(映画館、GYAO!、DVD・ブルーレイ)

1月の映画館鑑賞回数と比べ、2月中は『マンハント』1本のみとなりました。
気になっていたジェイミー・フォックスの映画『スリープレス・ナイト』も観れずに至る。

珍しく、Amazonビデオも全然見れていなかったりします。
そのかわり、他所で海外ドラマを見るのに忙しかった。

ひと月の間に、映画ソフトを3本も短い期間で買ったのは久しぶりな気がします。
保管する棚が手狭になってきたせいもあって、以前よりも買うペースが落ちてきました。
そろそろ、整理しないといけない。


目次

・映画館で観た映画

・GYAO!で観た映画

・DVD・ブルーレイで観た映画



・映画館で観た映画



『マンハント』⇒感想



(一言メモ)
理屈は頭の外に放り出して、ジョン・ウー監督の情熱を受け止める映画。



・GYAO!で観た映画



『さすらいの一匹狼』⇒感想



(一言メモ)
ビデオで一度見て以来となる再鑑賞。主題歌がカッコよかったです。



・DVD・ブルーレイで観た映画



『国際諜報局』⇒感想



(一言メモ)
ハリー・パーマーシリーズ第1作。主人公が庶民派なところが親近感を持ちました。


『パーマーの危機脱出』⇒感想



(一言メモ)
上司の命令とあらば、その日のうちに出張しないといけないスパイの悲哀。


『10億ドルの頭脳』⇒感想



(一言メモ)
話のスケールは大きくなったけど、それまでの作風との違いに戸惑います。(ブルーレイにて)




スポンサーリンク



関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

   

【広告PR】