パシフィック・ウォー ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]

『パシフィック・ウォー』 原題:USS INDIANAPOLIS: MEN OF COURAGE

監督:マリオ・ヴァン・ピーブルズ
出演:ニコラス・ケイジ、トム・サイズモア、トーマス・ジェーン、マット・ランター ほか

1945年。マクベイ艦長率いる重巡洋艦・インディアナポリス号は、日本軍の攻撃を受けて沈没。
太平洋を漂流する羽目になったマクベイたちは、獰猛な鮫に襲われ次々と命を落としていく。
(Amazonより引用)







Amazonビデオで、ニコラス・ケイジの実録戦争映画『パシフィック・ウォー』(字幕版)を観ました。
過去に、やたらアクセス数が多かった映画です。

Amazonのレビューでは厳しめの評価ですが、
戦争アクション物というよりは、至って真面目な実録戦争ドラマでした。
後半はダイジェストぎみだったけど、いろいろと考えさせるものがありました。



原爆を秘密裏に運んだ巡洋艦インディアナポリス号が、
日本軍の潜水艦による魚雷攻撃を受けて沈没し、
マクベイ艦長と生き残った米兵らが海上で数日間漂流する様子と、
その後のマクベイ艦長に降りかかった悲劇を描いています。

戦闘シーンは前半に少しあるものの、
全体的にCGの質はあと一歩足らずというところで、
艦船や潜水艦、軍用機の質感に重みがなく映像から浮いてしまっています。
おそらく予算がもう少しあれば、多少マシになったような気もする。
製作費は情報によると4千万ドル(44億円ちょい)ということなので、
大手の映画よりは少な目。




映画の中盤は、ほぼ海上で漂流しているシーンが続き、
日を追うごとに米兵らが疲弊して生存者の数がどんどん減っていく。
ここで鮫が、映画の『ジョーズ』のように登場して襲い掛かってくるのですが、
海中にウヨウヨ泳いでいるシーンが絵的に怖かった。
本物なのか、作り物なのかは判断しづらい部分もあったけど、
海に落ちたマクベイ艦長の体に鮫がドスンとぶつかってくるシーンは本物っぽく見えた。

ただ、海面からガバっと現れる鮫の顔アップがCG臭くて、
そこで一気に「低予算の鮫ホラー映画」になってしまうのが残念でした。


映画を観る前に、インディアナポリス号の兵士らが漂流していた時の様子を
ネットで調べたのですが、実際は映画よりも過酷で、
下手なホラー映画よりも恐ろしい体験が綴られていました。
筏とか浮き輪に乗っていれば、数日ぐらいだったら大丈夫じゃないかと
素人目に考えていたら、実はそうじゃないと。
やっぱり海を侮ってはいけないんだと。



映画メモ


・映画のロケ地はアメリカ、アラバマ州。

・エンドロールではインディアナポリス号の生存者の映像と当時の写真が流れる。

・日本兵役の俳優さんが話す日本語がちゃんと聞き取れるのが良かった。




ブルーレイ&DVD、Amazonビデオ(字幕版)(吹替版)






スポンサーリンク



関連記事