ハンターキラー潜航せよ






映画情報【スタッフ・キャスト】



『ハンターキラー 潜航せよ』  原題:HUNTER KILLER

監督:ドノヴァン・マーシュ
出演:ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、コモン、リンダ・カーデリーニ、ミカエル・ニクヴィスト


ロシア近海で米海軍原子力潜水艦が姿を消す。すぐさま“ハンターキラー”と呼ばれる攻撃型原子力潜水艦
アーカンソーが捜索に向かう。艦を率いるのは現場たたき上げの異色艦長ジョー・グラス。やがてロシア国内
でクーデターによりロシア大統領が監禁されたことが判明。米国大統領は、未曽有の危機を回避するため、
ネイビーシールズの地上偵察部隊とアーカンソーの連携によるロシア大統領の救出を決断。しかしそれはアー
カンソーにとっては、機雷原とソナー網が張り巡らされた絶対不可侵のロシア海域に潜航しなければならないと
いうあまりにも過酷なミッションを意味していたのだが…。(allcinemaより引用)







【感想】潜水艦映画あるある



潜水艦を題材にした映画はそこそこ面白いものがそろっていますが、
本作『ハンターキラー 潜航せよ』もなかなか良かったです。

アメリカとロシアの戦争を回避するため、
ハンターキラーと呼ばれる攻撃型原子力潜水艦と米国特殊部隊が、
海中と陸上の舞台でそれぞれ危機に立ち向かう姿を描いています。

「USA万歳!」な感じではなしに、敵味方を超えて、
潜水艦乗りとしての共通の絆に命運をかける展開が熱かった。
現実の世界では映画のようにはいかないのかもしれないけれども、
持っている技術と知恵を駆使し、臨機応変に対処する仕事ぶりが心地よかった。


潜水艦映画でよく見られる、魚雷の回避行動やソナーによる探知、
海中に設置されている機雷の横をギリギリで通過するといった見せ場が適度に設けられています。

ベタだけど、敵に位置を悟られないように「音を立てるな」のシーンで、
劇中の登場人物と同じように観ている側も思わずじっとしてしまう緊張感を味わえました。
絶対音を立ててはいけない時に限って、トラブルが起きてしまうのもお約束!
緊張からホッとさせる緩急の付け方も巧かった。


キャスト・スタッフについて



潜水艦での任務と並行して、陸上で特殊部隊によるロシア大統領の救出作戦が進み、
交互に状況を見せて飽きさせない作りになっているのが構成として良かったです。
この特殊部隊を率いているのが、海賊ドラマ『Black Sails/ブラック・セイルズ』で
フリント船長を演じていたトビー・スティーヴンス。
最初こそは短気な隊長だけど、最後は面倒見のいいところを見せていて憎めない。


米国統合参謀本部議長役にゲイリー・オールドマンが扮していましたが、
オールドマンらしいキレた演技がさく裂していて、本作では好戦的な憎まれ役。

スタッフ・クレジットでは、ジェラルド・バトラーに次いで2番目に表記されているけど、
どっちかいうとロシア潜水艦のアンドロポフ艦長役のミカエル・ニクヴィストの方が
役割としては大きいような気がしてならない。
惜しくも、2017年6月にミカエル・ニクヴィストは亡くなってしまった。

ロシア軍人役の一人に、別の映画で悪役で見かけることが多いロシア人俳優の
イゴール・ジジキンが出演しており、やっぱり今回も悪役なのだった・・・。

監督を務めたのは南アフリカのドノヴァン・マーシュ。
本作で初めて知った監督さん。
前の作品では、犯罪物の『裏切りの獣たち』で監督と脚本を手掛けています。



映画メモ



・映画のロケ地、ブルガリア共和国、イギリスのロンドン、
          パインウッドスタジオ(イギリス)、香港(撮影スタジオ)

映画『ハンターキラー 潜航せよ』公式サイト


【映画『ハンターキラー 潜航せよ』の原作本】




Blue-ray/DVD発売日:2019年8月21日より。レンタル開始日は同日。
ハンターキラー 潜航せよ [Blu-ray]


◆Amazonビデオ ハンターキラー 潜航せよ(字幕版)

◆Amazonビデオ ハンターキラー 潜航せよ(吹替版)






関連記事