映画『エンド・オブ・ステイツ』

『エンド・オブ・ステイツ』  原題:ANGEL HAS FALLEN

監督:リック・ローマン・ウォー
出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、ジェイダ・ピンケット・スミス ほか

これまでシークレット・サービスとして数々の危機に立ち向かい、アメリカ合衆国大統領と
世界を救ってきた英雄マイク・バニング。ついに大統領にまで上り詰めたトランブルの信
頼も厚い彼だったが、もはや酷使してきた肉体は限界寸前で、引退を真剣に考え始めて
いた。そんなある日、休暇中の大統領が湖で釣りを楽しんでいるところへ大量のドローン
が飛来し、爆撃を開始する。間一髪のところでドローン攻撃から大統領を守ったマイクだ
ったが、意識を失いそのまま病院へ運ばれる。しかし意識を取り戻した彼は、大統領暗
殺未遂容疑でFBIに拘束されてしまう。いまやあらゆる証拠がマイクを犯人と示していた。
やがて隙を突いて逃走したマイクは、自らの疑惑を晴らし、巨大な陰謀に立ち向かうべく、
ある男に協力を求めるのだったが…。(allcinemaより引用)






主人公マイク・バニングの警護する大統領が、アッシャー大統領(アーロン・エッカード)から
トランブル大統領(モーガン・フリーマン)に代わり、妻役のキャストも変わってしまったほか、
バニングが大統領暗殺の濡れ衣を着せられ逃げる羽目になってしまうという
『逃亡者』のようなプロットとなり、変化球になったシリーズ第3弾。

製作費が若干減り、話のスケールも小さくなったものの、
そんな中でも火薬増しましのアクションと、バニングの内面に迫ったストーリーで
盛り上げようとする作り手の気概を感じて満足度は高かったです。

映画の中では以下の3つの要素が良かったです。





アクション

序盤での大統領を狙ったドローンによる攻撃は、
火薬の量を間違えたのではないかと思うぐらいの威力で、
警護要員が紙切れのごとく吹き飛ばされ、爆発というより「空爆」のように見えました。
ドローンにそんな威力のある爆薬を積めるのかはさておきインパクト大でした。

睡眠障害や神経痛を患い満身創痍の中でも
相変わらず抜群の近接戦闘で敵を殲滅するバニングのアクションは健在で、
爆発には爆発を、銃弾には銃弾を、ナイフにはナイフでキッチリお返しする姿勢が清々しい!


新たなキャストの参戦

孤立無援の中、追われる身となってしまったバニングが疎遠になっていた父親と再会するのですが、
このお父さんのクレイを演じているニック・ノルティがまた、バニングに劣らず行動がぶっ飛んでおり、
次々と爆弾をさく裂させるシーンで思わず肩をゆらしながら笑ってしまった。

正に「この親にしてこの子あり」だった!

ベタだけど、お互いに打ち解けて、徐々に親子の距離が近づいていくドラマも良かったです。


フェイント演出

話の大筋自体はよくある内容で、ある程度予想できてしまう部分がありましたが、
このシーンはこうなるだろうな~と思った直後に覆す展開が数回あり、
そのフェイントの掛け方が巧くて心地よかったです。



映画メモ


・映画『エンド・オブ・ステイツ』登場銃器一覧(注:海外サイト)

・映画のロケ地、ブルガリア共和国、イギリスのバークシャー州、アメリカのニューヨーク州など

・【映画のトリビア】、モーガン・フリーマンが米国大統領を演じたのは『ディープ・インパクト』に次いで2回目。

・エンドロールに入った直後に映像があるのでお見逃しなく。



エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕版)

エンド・オブ・キングダム(字幕版)



スポンサーリンク



関連記事