映画 ファイナル・プラン


『ファイナル・プラン』    原題:Honest Thief
 

監督:マーク・ウィリアムズ
出演:リーアム・ニーソン、ケイト・ウォルシュ、ジェフリー・ドノヴァン、ジェイ・コートニー ほか


全米のあらゆる金庫を爆破する凄腕の銀行強盗・カーター。運命の女性・アニーと出会い、
恋に落ちたカーターは、過去を捨てて新たな一歩を踏み出そうとするが…。(Amazonより引用)





https://youtu.be/0LGGdbirMIo



Amazonプライムビデオで配信が始まっていた、
リーアム・ニーソンの映画『ファイナル・プラン』(字幕版)を観ました。
映画館で観たかった作品。

ブルーレイとDVDは12月21日が発売日ということで、
それより前に配信で見れたのは有難いことです。
ただ、これは仕様だったのか、視聴時に日本語字幕が画面の左隅に
表示されるようになっていて、文字の大きさは変えられるのだけど、
位置を移動させることが出来なかった。一応見れたけど。


思っていたよりもアクションの量が少な目で、そんなにスケールの大きな話でもなく、
決着の付け方もアッサリしたものだったので少し物足りなかったけど、
そこは主人公の機転の良さと演じているリーアム・ニーソンの安定した存在感で補うことができました。
ちょっかいをかけた相手が凄腕のリーアム・ニーソンだった!というジャンルの1本。

『96時間』みたいなゴリゴリのアクション映画を期待すると肩透かしを食らってしまうが、
今回のリーアム・ニーソンは最愛の女性と出会ったことで新たな人生を歩んでいこうとする
実直さが微笑ましく見えました。

アクション自体は銃撃、格闘、爆破シーン等があるけど、
なにぶん登場人物が少ないのもあって、ボリュームとしては多くなかった。
予告編で結構そういった見せ場を見せてしまっているので、
事前に見ない方が得策だったかも。

すでに60代後半の年齢に差し掛かっているリーアム・ニーソンですが、
本作でも格闘アクションに果敢に挑んでおり、
190センチを超える身長のせいか、アクション自体は見劣りしなかった。
足払いの技で相手を倒していたのが地味に良かった。
前にどこかのインタビューで「アクションはそろそろ引退する」と言っていたような気がするけど、
なんだかんだで毎年アクション映画に出演しているような・・・。


映画『ファイナル・プラン』の登場銃器一覧➡http://www.imfdb.org/wiki/Honest_Thief


映像特典はインタビューと予告編を収録『ファイナル・プラン』 [Blu-ray]







関連記事